<   2005年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

舞台『あずみ』再演!

Excite エキサイト : 芸能ニュース

来年4月に明治座で『あずみ』の再演が決まったそうです! 
もう、すっごくすっごく嬉しいです!!
大阪公演もあるそうです(行っちゃうかも)。
熱さと切なさに胸がいっぱいになった、あの舞台にまた会える!!
黒木メイサちゃん、生田斗真くん、長谷川純くんの主演陣もそのままのようで、ホッ。
他のキャストも変わらないとよいのだけれど。

とはいえ4月の公演、社会人には観にいくのが厳しい時期だったりします(もう少し後にずらしてほしかった…)。なんとかスケジュールを調整したいと思います。
前回は空席が目立っていて、ちょっとさみしかったですが、今回は公演期間が短いのでどうなることやら。
チケット取りが厳しくなるのはイヤですが(笑)、多くの人に見てもらいたいです。
でもって、DVDの製作もよろしくお願いします!!

来年10月は米倉涼子主演の『黒革の手帖』もあるし、若い観客層の開拓に積極的な明治座から目が離せません。
[PR]
by yagikuro-3 | 2005-10-20 18:24 | 舞台

『NANA』('05日)

・ミュージカル『星の王子さま』で好演した宮崎あおいちゃんが出演。
・好意的な批評がいくつか耳に入ってきた。
・女の子のバディものがなんとなくマイブーム。
というのが今回の鑑賞動機。
あたしは運命とか、かなり信じちゃうタチだから
あたしたちの出会いは運命だったと思うんだ。
矢沢あい原作。大谷健太郎監督。
原作は未読ですが、楽しめました。
原作のイラストを見る限り、皆はまり役だったのでは?

ナナ(中島美嘉)と奈々〈=ハチ〉(宮崎あおい)、対照的な女の子二人の気持ちのいい関係が描かれています。
こういう組み合わせのストーリーの場合、二人が衝突するというエピソードが入りがちですが、そういったところがあまりないのがちょっと新鮮でした(原作及び映画続編でどうなるのかは知りませんが)。

“未来のハチ”が語るナレーション、口跡がはっきりしているのに、甘さを感じるあおいちゃんの口調がいいです。
青春の物語には、回想形式がよく似合いますね。
“一般的な女の子”のハチの目線で、“歌という才能を持つナナ”を語ることで、感情移入もしやすくなります。

才能あるナナにとっても、恋はとても大きなウエイトを占めている。
そんな女の子気質が、ちゃんと描かれているのが嬉しかった。
中島美嘉さんは、演技はさほどうまくないのですが、それが不器用なナナと重なります。
歌のシーンはさすがです。

ファッションやインテリアといった美術にも気配りを感じました。
女の子ムービーはこういったディティールがとても大切☆
私もあおいちゃんと同世代だったら、ファッション真似したかったな~。
でも、“いちごのグラス”は買っちゃってたりして…(f^^*)

ところで、TBSが石原さとみ&長澤まさみで『NANA』をドラマ化という情報を見たのですが、本当でしょうか?
どっちがナナなの…?
[PR]
by yagikuro-3 | 2005-10-06 01:45 | 映画

ミュージカル『エリザベート』(帝国劇場)

先月25日(月)、帝劇で『エリザベート』を観てきました。

今回、ナビザーブの抽選で取ったのですが、公演日前日にチケットを見てびっくり。
夜公演を取ったつもりが、昼公演だったのです!
申込時の入力をミスってしまったようです(当選メール受信時にも、チケット引き換え時にも気付かない私って--;)。
この日は仕事が休みだったので、昼公演でも観ることに自体に支障はなかったのですが、キャストが変わっちゃうんですよね…。
「山口さんの歌を聴くぞ~♪」と思って取ったチケットだけに、ちょっと凹みました。

が、しかし! 内野トート、とってもよかったです!!
2004年公演では内野トートを観ていないのですが、歌、すごくうまくなってますね。
ロックテイストの歌い方が、決まっています(今度新感線と組んでライブされるんでしたっけ)。
以前見たときは爬虫類的な雰囲気が苦手だったのですが、今回はシャープな感じで受け入れやすかったです。
歌唱力のUPに伴い、小技的演技がそぎ落とされた気がしたのですが、これは穿った見方かな。

新キャストのゾフィー役の寿ひずるさん、初風さんより冷酷なムードが強いです。それだけに、死の直前に素の感情を見せるところが切ないというか。
同様に石川禅さんのフランツ、自分というものを抑えて生きてきた彼が、トートとの対決で見せる激しい感情の発露にハッとさせられました。
ルドルフは久々登場の井上芳雄くん。初演・再演では“精神的もろさのある皇太子”という印象でしたが、今回は“国を心底憂い苦悩すうる生真面目な皇太子”という印象で、内面的成長を感じました(“もろい皇太子”な雰囲気も好きだったんですけどね)。

今回、前回の電飾セットがなくなって本当によかったです。
おかげでエリザベートの心の旅路に素直に感情をのせることができました(^^)

More
[PR]
by yagikuro-3 | 2005-10-06 00:17 | 舞台