カテゴリ:TV( 16 )

名探偵コナン10周年記念ドラマSP『工藤新一への挑戦状』

この秋の改変期、一番のお楽しみでした♪

主要三人(新一@小栗旬、蘭@黒川智花、小五郎@陣内孝則)のはまりっぷりたるや素晴らしかった!
これを観られただけでも価値があります。

小栗くんはキャスティングをきいたとき、「なるほど~」と思いました。
顎のラインがポイントですね。
で、実際見てみても、リアル新一!!
不敵な態度や真剣に推理する表情もいい♪
原作者じきじきの指名とのことですが、さすが生みの親、自分の子のことをよく知ってらっしゃる。

智花ちゃん、観る前は「少し地味かな?」と思ってましたが、蘭の快活さ健気さがよく出てました^^。
陣内さんのオーバーリアクションぶりには、おおいに笑わせてもらいました。
怒った表情の眉の角度が、小五郎そのもの!

逆に「うーん…」と思ったキャスティングは、沖野ヨーコのベッキーと、目暮警部の西村雅彦。
ヨーコちゃんは正統派アイドルキャラの人にやってほしかったな(あややとか)。
西村さんの目暮はうさんくさすぎ(笑)。

肝心のストーリーは、ちょっとお粗末だった気が(特にミステリー箇所)。
実写版金田一少年くらいのレベルは維持してほしかった。
(あれじゃあ、安手の二時間サスペンス…)

以下、かなりの人が思ったであろう疑問点。
・都内(と思われる)高校の修学旅行先が芦ノ湖って(^^;)
・園子が船酔いする保障はなかったのでは?
・鏡のトリック、あれじゃあ警察の目はごまかせないだろー
・警察が厳重に管理したであろう合鍵を犯人はどうやって手に入れた(作れた)のか
・爆弾、あんな風に動かせるなら、素直に蘭のあけた穴から放り出せばよいのでは…

まあ、こういう風に突っ込むのも、こういったドラマのお楽しみですよね♪
ともあれ、続編希望!
[PR]
by yagikuro-3 | 2006-10-02 23:44 | TV

『のだめカンタービレ』、秋に連ドラ化

のだめカンタービレ (15)
二ノ宮 知子 / 講談社

少し前の『めざましテレビ』での告知で知りました。
よもや月9枠でやるとは…。(公式サイト

上野樹里が、のだめ役なのは妥当かなと。
最近観た『スウィングガールズ』『笑うミカエル』での演技もはじけてたし。
のだめも元気いっぱいに演じてほしい☆

千秋先輩は玉木宏。
玉木くんは大好きな役者さんなので、どんな風に千秋を演じてくれるのか素直に楽しみ。

ミルヒーが竹中直人っていうのは、よくぞ考えたなと。
原作以上に妖しいキャラになりそう(笑)

で、私的に一番のヒットだったのが、“乙女な男子”の真澄役が小出恵介 だということ。
小出くんがモジャモジャ頭に!?
小出くんが千秋(=玉木くん)にラブ!?
いやーん(ジタバタ×2)、 もんのすごくみたいんですけど!!


(…コホン)
ともあれ、人気漫画の映像化なのですから、多くの人の期待に応える出来であってほしいものです。


■ 余談
玉木くんと小出くんはこの秋公開の映画『ただ、君を愛してる』でも共演してますね。
私の大好きな宮崎あおいちゃん&黒木メイサちゃんも出ているので、これまた楽しみです♪
[PR]
by yagikuro-3 | 2006-08-18 00:35 | TV

月9『サプリ』 第6話

キラキラしている人たちのキラキラした悩みをきかされてもな~と、どこか冷めた目で観ていた『サプリ』、今回はちょっと胸が熱くなりました。

本気で仕事に向きあいはじめて、まだまだと思い知りつつも先輩に“ちゃんと相手にしてもらえた”石田(亀梨和也)の高揚感。

キラキラしているクリエイター達の傍らで、そうなれない自分の身をかみ締めているエリ(浅見れいな)の切なさ。

石田の気持ちも、エリの気持ちも、どっちも自分の中にある。
ミナミ(伊東美咲)のようには、なかなかなれませんね。
[PR]
by yagikuro-3 | 2006-08-14 22:23 | TV

下北サンデーズ♪

「小劇場と書いて『ビンボー』と読む!?」のサブタイトルにもやられましたが(笑)、ゴールデンタイムにここまでしがない小劇団や下北沢の空気を感じさせてくれるとは!
さすがはテレビ朝日というべきか。
さすがは河原・堤コンビというべきか。

インテリ風で自信家な演出家とかカンニング竹山や大島美幸の演じていたキャラとか気位の高い美人主演女優とか、いかにもいそう。
佐々木蔵之介や古田新太の小劇団出身俳優の配役もいい~^^。

舞台のわけわかんなさも、三流小劇団テイスト満載でナイス♪
わけがわからないだけに妙なパワーがあって、それが自分の夢を持てずにいたヒロインの心を動かしたのでしょうね…(人生を狂わせたともいう)。

最近すっかり小劇場モノから離れてしまってますが、今も極貧状況はかわらないんだろうか(それともドラマ仕様?)。
ラーメンの替玉だけ食べるって…^^;。

原作読みたい!と思ったらまだ単行本になっていないんですね。
ともあれ次回も楽しみです。
[PR]
by yagikuro-3 | 2006-07-13 22:35 | TV

朝ドラ『純情きらり』にはまる

純情きらり―連続テレビ小説

随分、更新をさぼってしまいました。
4月の人事異動で新しい職場になり、気疲れなどで文章を書く気力が湧かなかったというか…。
忙しいながらもいい作品に出会えていたので、おいおい感想を書ければな~と思っています。

久々に朝ドラ(『純情きらり』)を真面目に見ています(『ちゅらさん』以来かな)。
毎朝ではなく週末のBSでの集中放送で、ですが。

宮崎あおいちゃんがヒロインの桜子を演じということでなんとなく観はじめたのですが、いまやかなりはまってます。
昭和初期、激動の時代だからこそ桜子や姉の笛子(寺島しのぶ)・杏子(井川遥)、磯おばさん(室井滋)ら女性の生き方や、芸術を志す人々の思いに、より感情移入してしまうというか。
現代ものが続いていた朝ドラですが、女の一代記的なものはやっぱり朝ドラの本領ですね。

ヒロインの周りの男性陣がみな素敵で♪(これがはまってる最大要因かも)
斉藤先生(劇団ひとり)とのほのかな恋も心あたたまりましたし(劇団ひとりを初めてステキだと思いました^^)、気難しいようでヒロインに的確なアドバイスをくれる冬吾さん(西島秀俊)もいい!(クールだけどひどくナマっているところがまた萌える! これから長女の笛子となにかありそう?)
なにより、芸大に通う味噌屋の達彦ぼっちゃん(福士誠治)!
もう格好よすぎ♪
シャイで生真面目で主人公をやさしく見守る彼に、毎回ときめいています。
昔の少女マンガに出てきそうな正統派ヒーローだぁ~。
(福士くんがエキサイトでブログをやっていると知り、ますます親近感♪)
今回この達彦ぼっちゃんとヒロインの気持ちがグッと近づくのですが、恥じらいのある時代だからこそささやかなエピソードにドギマギさせられます。
桜子と達彦がピアノを連弾するところは、二人の間に流れる気持ちが伝わってくる名シーンでした。

二人の未来はどうなるのか。戦争の影も見えてきてるし…。
次週も待ち遠しいです。
[PR]
by yagikuro-3 | 2006-05-28 02:06 | TV

TBS『輪舞曲(ロンド)』最終話

思いがけない竹財くんの活躍(違)にびっくり(そのわりにあっさりやられちゃいましたが^^;)。
ユナの怯えっぷりがすごくリアルでした。

「琢己が死んじゃった!?」のところはブラフだと思いましたが、チェ・ジウの熱演に思わず涙。
ヨンジェの死に際の笑顔にも、胸が締め付けられました(生きていてほしかった…TT)

宋と娘達の電話を通しての対峙、ベタなシーンなのに気がつけば泣いていました。
最近、自分が感じていたことと、このシーンの語るものがリンクしたので…。

ネガティブなものからは、何も生まれない。
信じる気持ちが、人を動かすし、なにかを生み出す。
それは覚悟が必要だったり痛みを伴ったり、たやすくできないこともあるけれど、そういう気持ちを極力持ちたいと思いました。


『輪舞曲』、今日で終わったわけですが、いい役者さん(キャラクター)が多かったのにうまく使い切れていなかったのが残念でした。
龍吾(速水もこみち)とかあきら(木村佳乃)とかヒデ(佐藤隆太)とか…。
龍吾は最後に大きな芝居どころがあっただけに、もっと彼の心情を伝えるエピソードが欲しかった。クライマックスを背負えるキャラに育っていないんですよね。
テーマが大きいだけに、細かなところの粗や詰めの甘さが即安っぽさに繋がってしまうな~とも感じました。

とはいえ、リスクの少ないラブストーリーでなく、果敢にハードなものに挑戦したこと、たいしたものだと思います。
最終回まで楽しませてもらいました。

キャスト&スタッフのみなさん、おつかれさまでした!
[PR]
by yagikuro-3 | 2006-03-26 23:56 | TV

TBS『輪舞曲(ロンド)』第七話

前回、第一部終了的な怒涛の展開でしたが、今回もすごかった!

ユナがよもや…、という感じでした(ちょっと『シュリ』テイスト?)
これでヨンジェが××だとしたら、二人のシーンの意味合いがずいぶん違ってきますよね。
いやー、目が離せません!

“この作品のモチーフは、野田秀樹さんの大傑作「赤鬼」である。”
と、植田P日記にありました。
「相手の目線に立ってみることで、理解しあえる何かがあるんじゃないか」
という思いが作品に込められているのであれば、ラストは決してネガティブなものではないですよね…?
[PR]
by yagikuro-3 | 2006-02-28 02:00 | TV

チャメに行ってきました♪

d0035596_0161897.jpg渋谷で『B型の彼氏』を観た後、『輪舞曲』ゆかりの韓国家庭料理店「チャメ」に行ってきました(プチ韓流ツアー♪)。
溝の口駅前西口商店街にある、という情報のみで出かけたので辿り着けるかどうか不安だったのですが、わりとあっさり見つかりました。

が、しかし!「2時間以上お待ちいただくようになります」と言われてガーン。ある程度覚悟してましたが、天気が悪かったのでもう少しすいているかな~なんて思っていたので。
携帯に連絡を入れてもらえるということで、喫茶店でのお茶とウィンドショッピングで待ち時間を過ごしました。

で、やっと入店。
赤が基調の店内(テーブル4卓&カウンター2席)、TVカメラを入れて撮影してるとは思えないほどこじんまりとした広さです(これじゃ2時間待ちも仕方ないか…)。
頼んだのはスンドゥブチゲ(チャメスペシャルときのこ)と海鮮チヂミ。
韓国料理は評論できるほど食べつけていませんが、なかなかのお味♪
正直、辛すぎるものはそれほど得意でないのですが、このチゲは大丈夫でした(辛味が抑え目というわけではないのですが、食べやすい味です)。
同行した妹は、チヂミが気に入った様子。

若いお姉さんたちが接客にあたってましたが、とても感じがよかったです。
混んでいる店にも関わらず、追い立てるようなこともありませんでしたし(だからといってムダに長居はしませんでしたが)。

d0035596_016412.jpg寒い日でしたが、チゲのおかげですっかり体があたたまりました(^-^)
で、アンケートに書き忘れたことを思い出したので、ここで一言。
「混雑が落ち着いたら、ぜひデザートを置いてください!」
[PR]
by yagikuro-3 | 2006-02-26 23:58 | TV

TBS『輪舞曲(ロンド)』第三話

画面の明るさ、だいぶ改善されたのではないでしょうか。
チャットやハッキングのシーンの映像表現、格好よかったです。
特にチャットシーン、打ち込まれる文字から緊張感が伝わってきました。

ゲストの平田満さん、いい味出してました~。
しかし絶対殺されるしかない役柄で、みていて苦しかった。

後半のショウ(竹野内豊)とユナ(チェ・ジウ)のシーンはグッときました。
言葉の壁の切なさ、それを越える思い。
「たすけて」、前回の使い方もうまいと思いましたが、ここで使うための伏線でもあったのですね。
ギリギリの精神状態にいるショウの心にしみますよ~、これは。
番組HPで植田Pが三話について“ふいを突かれる、ラブストーリーに仕上がっていると思う”と書いていましたが、まさにそのとおり♪

ユナ・ユニ姉妹が営む韓国料理店「チャメ」が2月12日に一般に向けてオープンするそうですね(インフォメーション)。行きたいな~。
「牛角」でも、純豆腐(スンドゥブ)チゲが食べられるようになるとか。
牛角なら近所にあるし、手始めに行ってみようかな。
[PR]
by yagikuro-3 | 2006-02-04 21:16 | TV

TBS『輪舞曲(ロンド)』第ニ話&AP日記

ショウ(竹野内 豊)がユナ(チェ・ジウ)に教えた“一番大事な日本語”が「たすけて」だったっていうのが、すごくよいなと思いました。
彼の人間性やユナへの思いが伝わってきます。
このメモを見たヨンジェ(シン・ヒョンジュン)もそれを感じたんだろうなぁ。
ヨンジェが店をメチャクチャにした後、「何度でもやる、何度でもだ。そしていつかお前は諦めるしかなくなる」とユニに言い放つところは、ゾクッときました。格好いい!
ミュージカル『ミス・サイゴン』の、キムとトゥイをちょっと彷彿したりして(だいぶシチュエーションが違いますが)。

最近、番組HPAP日記(という名称ながら、ここのところは植田P日記)をちょくちょく覗いています。おもしろいですよ~。
1月23日(月)と1月28日(土)の日記は特に感じるものがありました。
スタッフ・役者への信頼、勝負する気概に打たれたというか。
「画面が暗い」「インファナルに似てる」という視聴者の声も受け止めているし。
「オッパー」という言葉へのこだわりも、わかる気がします(ドラマでさりげなくエクスキューズを入れてくれたらいいのに…とは思いますが)。

二話でかなり視聴率が落ちてしまったようですが、巻き返しを期待してます!
[PR]
by yagikuro-3 | 2006-01-28 19:44 | TV