名探偵コナン10周年記念ドラマSP『工藤新一への挑戦状』

この秋の改変期、一番のお楽しみでした♪

主要三人(新一@小栗旬、蘭@黒川智花、小五郎@陣内孝則)のはまりっぷりたるや素晴らしかった!
これを観られただけでも価値があります。

小栗くんはキャスティングをきいたとき、「なるほど~」と思いました。
顎のラインがポイントですね。
で、実際見てみても、リアル新一!!
不敵な態度や真剣に推理する表情もいい♪
原作者じきじきの指名とのことですが、さすが生みの親、自分の子のことをよく知ってらっしゃる。

智花ちゃん、観る前は「少し地味かな?」と思ってましたが、蘭の快活さ健気さがよく出てました^^。
陣内さんのオーバーリアクションぶりには、おおいに笑わせてもらいました。
怒った表情の眉の角度が、小五郎そのもの!

逆に「うーん…」と思ったキャスティングは、沖野ヨーコのベッキーと、目暮警部の西村雅彦。
ヨーコちゃんは正統派アイドルキャラの人にやってほしかったな(あややとか)。
西村さんの目暮はうさんくさすぎ(笑)。

肝心のストーリーは、ちょっとお粗末だった気が(特にミステリー箇所)。
実写版金田一少年くらいのレベルは維持してほしかった。
(あれじゃあ、安手の二時間サスペンス…)

以下、かなりの人が思ったであろう疑問点。
・都内(と思われる)高校の修学旅行先が芦ノ湖って(^^;)
・園子が船酔いする保障はなかったのでは?
・鏡のトリック、あれじゃあ警察の目はごまかせないだろー
・警察が厳重に管理したであろう合鍵を犯人はどうやって手に入れた(作れた)のか
・爆弾、あんな風に動かせるなら、素直に蘭のあけた穴から放り出せばよいのでは…

まあ、こういう風に突っ込むのも、こういったドラマのお楽しみですよね♪
ともあれ、続編希望!
[PR]
# by yagikuro-3 | 2006-10-02 23:44 | TV

紙屋悦子の青春 ('06日)

敗戦を間近に控えた鹿児島の田舎町、春の咲き誇る桜の樹の下で海軍航空隊に所属する二人の若者は美しく純朴な娘へ恋をし、娘も又、初めてのときめきに胸を焦がす。それは何時の時代にも存在する輝かしき青春の一ページ。
しかし、燃え尽きつつある戦争の業火は、特攻隊に志願した若い命を呑み込み、生き残った者の心にも生涯消えない傷跡を刻み込んでいく…。
(公式HPより)
先月、岩波ホールの初日舞台挨拶付きの回を観てきました。

いや~、原田知世の若さと可愛さには参りました!
生で見ても透明感がある。
映画では本上まなみと元同級生という役柄ですが、まったく違和感がない(実年齢は結構離れているのに)。たいしたものです。

黒木和雄監督の遺作で、原作は松田正隆の戯曲。
紙屋家の中のみで話は展開し(+病院屋上での回想)、長まわしが多用されています。
演劇色の強い脚色・演出に原作へのリスペクトを感じます。

戦争ものではありますが、殺伐とはしておらず、登場人物たちの交わす会話のあたたかさやちょっとしたズレに笑みがこぼれることもしばしば。
だからこそ、善良な人たちが背負わなければならなかった悲しみが静かに伝わってきます。

淡々としたムードのまま終わるので、終映直後は戸惑いましたが、しばらくしてからじんわりきました。
直接的でない台詞の裏側に、感情やメッセージをきちんと託している脚本・演出・役者の力に敬服です。
[PR]
# by yagikuro-3 | 2006-09-03 19:14 | 映画

『のだめカンタービレ』、秋に連ドラ化

のだめカンタービレ (15)
二ノ宮 知子 / 講談社

少し前の『めざましテレビ』での告知で知りました。
よもや月9枠でやるとは…。(公式サイト

上野樹里が、のだめ役なのは妥当かなと。
最近観た『スウィングガールズ』『笑うミカエル』での演技もはじけてたし。
のだめも元気いっぱいに演じてほしい☆

千秋先輩は玉木宏。
玉木くんは大好きな役者さんなので、どんな風に千秋を演じてくれるのか素直に楽しみ。

ミルヒーが竹中直人っていうのは、よくぞ考えたなと。
原作以上に妖しいキャラになりそう(笑)

で、私的に一番のヒットだったのが、“乙女な男子”の真澄役が小出恵介 だということ。
小出くんがモジャモジャ頭に!?
小出くんが千秋(=玉木くん)にラブ!?
いやーん(ジタバタ×2)、 もんのすごくみたいんですけど!!


(…コホン)
ともあれ、人気漫画の映像化なのですから、多くの人の期待に応える出来であってほしいものです。


■ 余談
玉木くんと小出くんはこの秋公開の映画『ただ、君を愛してる』でも共演してますね。
私の大好きな宮崎あおいちゃん&黒木メイサちゃんも出ているので、これまた楽しみです♪
[PR]
# by yagikuro-3 | 2006-08-18 00:35 | TV

月9『サプリ』 第6話

キラキラしている人たちのキラキラした悩みをきかされてもな~と、どこか冷めた目で観ていた『サプリ』、今回はちょっと胸が熱くなりました。

本気で仕事に向きあいはじめて、まだまだと思い知りつつも先輩に“ちゃんと相手にしてもらえた”石田(亀梨和也)の高揚感。

キラキラしているクリエイター達の傍らで、そうなれない自分の身をかみ締めているエリ(浅見れいな)の切なさ。

石田の気持ちも、エリの気持ちも、どっちも自分の中にある。
ミナミ(伊東美咲)のようには、なかなかなれませんね。
[PR]
# by yagikuro-3 | 2006-08-14 22:23 | TV

『チョコレートコスモス』 恩田 陸

チョコレートコスモス
恩田 陸 / 毎日新聞社
「まだそっち側に行ってはいけない。そっち側に行ったら、二度と引き返せない。」
幼い時から舞台に立ち、多大な人気と評価を手にしている若きベテラン・東響子は、奇妙な焦りと予感に揺れていた。伝説の映画プロデューサー・芹澤泰次郎が芝居を手がける。近々大々的なオーディションが行われるらしい。そんな噂を耳にしたからだった。
同じ頃、旗揚げもしていない無名の学生劇団に、ひとりの少女が入団した。舞台経験などひとつもない彼女だったが、その天才的な演技は、次第に周囲を圧倒してゆく。
稀代のストーリーテラー・恩田陸が描く、めくるめく情熱のドラマ。
(Amazonの紹介文より)
『ガラスの仮面』を彷彿させる、このあらすじ。
ずーっと読みたいと思っていたのですが、やっと図書館から借りることができました。

劇作家の神谷、若きベテラン女優の東響子、学生劇団員の巽、三人の視点で話は進んでいきます。
この三人は物語の中盤になるまで接点をもたないので、読み始めはストーリーに入り込みづらいと感じました。
ですが、演劇というのはあらゆる能力の出会いによって成り立つ総合芸術、読み終えたあとは「だからこういう書き方になるのか…」と思いました。

オーディション課題「二人の登場人物で三人の芝居」「ブランチVS影のブランチ」のくだりは圧巻。
『ガラスの仮面』における『奇跡の人』や『二人の王女』のオーディションに匹敵する迫力です。
作中の他の演目も、読んでいて「実際に観てみたい~」と思わされるものばかり。
恩田さんの多才さがうかがえます。

出会いと葛藤――、生身の人間が作る演劇のおもしろさがつまった小説です。
舞台好きの方なら一読する価値ありかと思います。
[PR]
# by yagikuro-3 | 2006-08-13 22:21 |

手羽先~☆

ボウケンジャーのメンバーは映画の舞台挨拶行脚の真っ最中、それぞれのブログでもその関連記事がアップされてます。
で、この方々の記事、

高橋光臣 HIKARI no MICHI  舞台挨拶初日
ちせの××予報 とろげるチーズ♪
三上真史 Start Up!  舞台挨拶でスウィングすっつぉー!

こ、この手羽先は、私とLさんの間でブームになっている世界の山ちゃんのものではありませんか~!
ボウケンメンバーにも好評のようでなにより^^。
スパイシーさがクセになって、何本でも食べられるんですよね~♪(でらうみゃ~)
ビールともよくあうし♪

東京にも出店していますが、社長の顔入りの食器等、趣味の悪さがたまりません(笑)
名古屋で食べた風来坊の手羽先も美味しかったなぁ。また食べたい…。
[PR]
# by yagikuro-3 | 2006-08-06 01:12 | 甘味・グルメ

スウィングガールズ ('04日)

スウィングガールズ スタンダード・エディション

本日のTV放映で鑑賞。
もともと観たかった映画ですが、
朝ドラの達彦ぼっちゃんこと福士誠治くん
『危険なアネキ』の平岡祐太くん
『轟轟戦隊ボウケンジャー』のボウケンブルー・三上真史くん&イエロー・中村知世ちゃん
と、ここ一年で気にかかるようになった役者さんたちがこぞって出演していることもあって、万全の体勢で鑑賞にのぞみました(笑)。

気になる役者さんたちは、さほど昔の映画でもないのに皆若かった(一瞬本人とわからなかった人もチラホラ)。まだ成長期なんですね。いや~、かわいい~♪

不恰好でも、迷走しても、好きなことにまい進する。
失敗を怖れてすぐ弱気になってしまう私ですが、この作品からパワーを分けてもらった気がします。
スウィングしなけりゃ意味がない♪
私もがんばろう。

余談
[PR]
# by yagikuro-3 | 2006-08-05 23:59 | 映画

初恋 ('06日)

初恋~三億円事件の犯人は女子高生だった~
/ レントラックジャパン
わたしの中の喪失感は今も消えない。
それは心の傷に時効がないからなのだろう。
美術・衣装での60年代の再現が見事(その時代に生きてたわけではありませんが)。当時に撮影された映画だと言われたら、信じてしまいそう。
若者達の生きるアンダーグラウンドな世界の空気が伝わってきます。

痛みを伴った青春と初恋の物語。

ヒロインみすず(宮崎あおい)の孤独感にシンパシーを感じました。
みすずのように複雑な家庭事情を抱えていた訳ではないけれど、この年の頃、私も少なからずこうだったなと。
「他の誰でもない、お前が必要なんだ」と言われたら、自分の欲しかった言葉をくれた人のために、全力を尽くしたことでしょう。

岸(小出恵介)の詩集に自分への気持ちが書かれたページを見つけ、涙するみずず。
青春時代は過ぎ去っても、彼の言葉とともに彼女は生きていくのでしょうね。

宮崎あおいも小出恵介も、若手ながら雰囲気のある演技ができる役者さんですね。
宮崎将(あおいちゃんの実兄)もワイルドさがあってよかった。

正直、つっこみどころはあるし(あおいちゃんのあの声じゃ、実行犯が女の子だって絶対ばれるって)、救いのないところもあるのですが、ひとつの青春の物語として楽しめました。
[PR]
# by yagikuro-3 | 2006-07-31 23:19 | 映画

黒谷友香主演映画『TANNKA 短歌』

なにげなく東映のサイトをチェックしていたら、黒谷友香さん主演の映画がこの秋公開されることを知りました。

『TANNKA 短歌』公式サイト
原作は俵万智の小説『トリアングル』。まめだぬきさんもブログでこの作品の感想を書かれていましたが、私も発刊時に読んでいます。
短歌を挟み込む手法が、地の文と響きあってすごく良い。
キャラクターや物語の展開には正直共感しきれないところはあるのですが、妙に心にひっかかる作品でした。

ヒロインの相手役は黄川田将也、村上弘明。
小説のイメージよりも随分カッコいいな~。
ちなみにこの二人、仮面ライダーを演じた役者さんたちでもありますね(どうでもいいことだけど^^;)

監督は、阿木燿子。
脇のキャストも高島礼子、西郷輝彦、萬田久子となかなか濃い映画になりそう…。

トリアングル
俵 万智 / 中央公論新社
ISBN : 4120035352
[PR]
# by yagikuro-3 | 2006-07-26 01:23 | 映画

北区つかこうへい劇団『売春捜査官-女子アナ残酷物語-』(紀伊國屋ホール)

作・演出/つかこうへい。

大分市つかこうへい劇団で上演したもの(もう10年も前なのか…)に思い入れがあり、私の中で大切な一作となっているだけに、改訂も加わっている現在のバージョンを観るのは躊躇われたのですが、ふうりんさんにお誘いいただき、思い切って行くことにしました。

「一人で生きていける女に、『君はボクが一緒にいなきゃだめだ』と、たぶらかしてくれるのが、男っていうもんだろうが」
「踏ん張れば、殺さずにすんだんじゃないですか」
「なあに、一人は慣れています。今までも一人でしたし、これからも一人です」


かなり改訂は加わっていますが、『熱海殺人事件』ならではの、『売春捜査官』ならではの台詞をきくと気持ちが高ぶります。
〈愛しさと切なさと心強さと〉〈愛が止まらない〉のナンバーも健在で嬉しかった。
この2曲は売春捜査官には欠かせない!
家でもMD探し出して聴き返しました。

おふざけや傷の抉りあい、その先にある真実と真意――。
人と人との対峙をこういう風に描けるつかこうへいはすごい。

黒谷友香の伝兵衛、凛々しさ一途さ、美しさと狂気、女伝兵衛にあって欲しいものをきっちり備えていました。とにかく表情がいい!

今のバージョンは、国家機密などの要素が入り話が膨らんでいるため、昔ほど「今、義理と人情は女がやっております」の台詞が効いていないのが残念(この台詞で幕を切るところが好きだったので)。
これはテーマがシフトしたということで、仕方ないのかな。
でも最後のチャオ万平の場は蛇足。
プログラムについていた戯曲には、この場はないんですよね。なんで付け足したんだろう…。

売春捜査官―熱海殺人事件
つか こうへい / メディアファクトリー
ISBN : 4889913726




〈7月16日鑑賞〉
[PR]
# by yagikuro-3 | 2006-07-26 01:18 | 舞台

『こわい! 青玉』雑感

『こわい! 青玉』掲載作の感想をいくつか。

『ブログにひそむ悪霊』(新村千江作)を読んで思ったのが、ネットを題材にしたホラーが子どもを主人公に成立するんだ…ということ。
子どもへのパソコン文化の浸透ぶりを感じました。
ブログから生まれる恐怖、まさに現代ホラー。

『猿の手』を思わせる『小びんの悪魔』(脇谷怜生弥作)。
『猿の手』は扉の向こうの存在を見せずに終わりますが、この作品はそれを見せつけます。見えない恐怖と見える恐怖、どっちもこわい…。

『道』(小泉晶子作)は音と感覚の恐怖。シンプルさが気持ちよかったです。

力作揃いの『青玉』、令丈ヒロ子選の『赤玉』も読みたくなりました。
[PR]
# by yagikuro-3 | 2006-07-16 23:08 | 絵本・児童書

『こわい! 青玉』

こわい!青玉
石崎 洋司 藤田 香 たなか しんすけ / 講談社

紀伊国屋ホールで『売春捜査官』を鑑賞する前に、児童書コーナーに立ち寄りました。
友人のりなこさん(まめだぬきさん)の作品が掲載された児童書『こわい! 青玉』が今月17日ごろに発売されるとのことだったので(りなこさんブログ7/13記事後半部記載)、それを探すのが目的。

講談社の児童向け文庫=青い鳥文庫ということで、その平積みをチェックしましたが、ありません。
「やっぱり明日以降に並ぶのかしら…」と思いつつ、あきらめ悪く平積み台をじーっと見つめていたら、「あったー!」。
どうやらこわい話のアンソロジーはKK文庫という別ブランドから出しているよう。青い鳥文庫から少し離れたところに置かれていました。
「同じ講談社なんだから近くに置いてよぉ…」とぼやきつつも、無事ゲット! 目次を見ると、りなこさんの名前が載ってます♪
帰りの電車の中で早速読みました。

More
[PR]
# by yagikuro-3 | 2006-07-16 22:10 | 絵本・児童書

下北サンデーズ♪

「小劇場と書いて『ビンボー』と読む!?」のサブタイトルにもやられましたが(笑)、ゴールデンタイムにここまでしがない小劇団や下北沢の空気を感じさせてくれるとは!
さすがはテレビ朝日というべきか。
さすがは河原・堤コンビというべきか。

インテリ風で自信家な演出家とかカンニング竹山や大島美幸の演じていたキャラとか気位の高い美人主演女優とか、いかにもいそう。
佐々木蔵之介や古田新太の小劇団出身俳優の配役もいい~^^。

舞台のわけわかんなさも、三流小劇団テイスト満載でナイス♪
わけがわからないだけに妙なパワーがあって、それが自分の夢を持てずにいたヒロインの心を動かしたのでしょうね…(人生を狂わせたともいう)。

最近すっかり小劇場モノから離れてしまってますが、今も極貧状況はかわらないんだろうか(それともドラマ仕様?)。
ラーメンの替玉だけ食べるって…^^;。

原作読みたい!と思ったらまだ単行本になっていないんですね。
ともあれ次回も楽しみです。
[PR]
# by yagikuro-3 | 2006-07-13 22:35 | TV

文学座有志による自主企画公演『背中から40分』

場末のホテルの最上階の客室。
待ち続ける男と、マッサージ師の女。
それぞれの40分。それぞれの人生。
(公演チラシより)
作  畑澤聖梧 / 演出 中野志朗
出演 外山誠二・金沢映子・八十川真由野・佐藤麻衣子
サイスタジオコモネAスタジオで上演(7月8日鑑賞)。

八十川さんは『チャングムの誓い』でヨンセンの吹き替えを担当している方です。
この日は午前に『ふたつの恋と砂時計』(パク・ウネ出演)を観たので、なにげにヨンセンデーでした(笑)。

母の知り合いが公演に携わっているということが理由の観劇だったので、観る前は「どんなもんだろう…」とかなり不安でした。
作家に対する予備知識のなさもその一因(以前弘前劇場で書いていたり、高校演劇界で活躍されていたりする方だということはネットで調べてわかりましたが)。
ですが、思いがけずヒットな作品でした。観てよかった!

一幕一場の芝居。
話の大半は客の男(外山誠二)とマッサージ師(八十川真由野)のマッサージを通しての会話で構成されています。
二人芝居で語り(会話)が中心のものって、退屈しやすいのですが、今回はそれがありませんでした。
客の男とマッサージ師の背負っているものの提示方法や外界とのつながりのみせ方、台詞のうまさ等、戯曲の力とリアルな役者さんの演技に引きこまれたからだと思います。

ぬくもりと対話。
つい数十分前にであったばかりの他人同士に通い合う感情。
追いつめられた二人だからこそ、相手を「癒したい」という思いがこちらに響いてきます。
「癒しあう」という言葉からは、どこか甘さを感じますが、癒しあうというのは切実なものなのだと感じました。

この作品、作者自身の手で、9月26日~10月4日に駒場アゴラ劇場で上演されるようです(渡辺源四郎商店)。
観にいこうかなと検討中です。
[PR]
# by yagikuro-3 | 2006-07-10 22:58 | 舞台

菊地美香ちゃんがコゼット役に!

うわー、深夜家に戻ったらなんとビッグニュースが!!
なんと菊地美香ちゃんが来年の『レ・ミゼラブル』のコゼット役に決まったそうです!

菊地美香ブログ『取り急ぎ☆ご報告です!!』
ミュージカル「レ・ミゼラブル」2007年プリンシパルキャスト

そもそも私が特撮にハマったのは、『特捜戦隊デカレンジャー』を観たのがきっかけ。
美香ちゃんはそこでデカピンク(胡堂小梅)役をやっていたのでした。

当時から歌はうまかったし、アクションのキレも抜群でした!
『魔法戦隊マジレンジャー』でも挿入歌を歌っていましたが、透明感のある歌声に癒されました。
最近の出演作の『超忍者隊イナズマ!』の寺田ジュン役での可愛らしい演技にほっこりさせられたばかり。

美香ちゃんは『アニー』等の舞台経験もあるし、レミゼのコゼット役にいいんじゃないかな~とずっと思っていたのですが(ホント)、よもや叶うとは!!
これから演劇誌でも美香ちゃんを見かけることができますね。
美香ちゃんのレミゼでの活躍、心から祈ってます!
ミュージカルファンのみなさん、彼女をぜひ温かく見守ってあげてくださいませ。

新キャストでは橋本さとしさんのバルジャン役もたのしみ。
次回のレミゼはこの二人を中心に公演日を選ぶようになりそうです。


……岡田さんがマリウス役から離れたのは悲しいんですけどね(覚悟はしてましたが)。
美香ちゃんとの共演、観たかった~(><)
[PR]
# by yagikuro-3 | 2006-07-08 01:27 | 舞台